So-net無料ブログ作成
検索選択

スポーツ馬鹿と錦の御旗 [所感]

タイトルを読むと、なんと過激な、そう思われる向きが大半かもしれない。

まあ、そのくらいの過激な言葉を使わないと、声が関係者に届かないかもしれないので書いたのだが、あまり読者のいない当ブログでは所詮遠吠えに過ぎないか。

オリンピック会場の整備費が当初予算の7000億余から3兆円を超すという試算で小池都知事の見直しの動きに対して組織委会長の森喜朗元首相やボート競技の日本組織の代表あるいは国際競技会の代表からそれを抑える発言があった。

以前にも書いたが、日本のスポーツ選手がなかなか政治的発言をしない、この事に私は違和感があるのだが、スポーツ選手と言っても人間である事、暮らしているのは一般社会の中、そして毎日、買い物はするだろうし、食事もする、そういう事を考えると自分たちの暮らしに影響する政治に無関心、そういうわけにはいかないはずだと思うのだが。

それともそういう事を考える脳の部位までが筋肉に変わってしまった、いわゆる筋肉馬鹿、そういう事なのか。いやいや、そうではないだろう、そう思う。スポーツ選手が政治的発言ができないようなそういう環境がある、そう見た方がよいのだろう。

先のリオ・オリンピックの壮行会で森元首相が選手の中から“君が代”を力強く歌う声が聞こえてこなかった、という趣旨の苦言が呈されたが、スポーツ評論家の玉木氏が君が代は皆が大声で斉唱するような歌い方には似合わない国歌だと森元首相の発言に逆に苦言を呈していた。

私も同感だ。残念な事に、この発言に影響された日本選手が表彰台で君が代を歌っていたが、せっかくの金メダルを台無しにした感があった。対してアメリカの水泳選手のフェルプスは自国国歌を歌っていなかった。しかし、だからと国歌を軽んじていたわけではなく国旗を見つめ胸に手を当てて国歌をじっと聞いていたが、今まで、日本選手のほとんどもそうであったし、その方が自然だと思うのだが、こういうもの、どうこうしろ、そのように強制するものではないだろう。

そういう事に影響するようなことを組織委員会の会長が言うべきではない。それこそアスリートファーストの精神をひっくり返して役員が先行するようなスポーツ界、そういう事になるのではないだろうか。だから選手たちが本音を語りにくい土壌が生まれる素地が日本のスポーツ界にはある、そういう事だろう。
フェルプスが歌っていなかったから、国旗や国歌を軽んじていたなどと批判する人物など一人もいないと思う。たった一人の人物が、例えば、オリンピックの組織委の会長、そういう立場の人物が言ったから、それで右に倣え? おかしな話だ。元スポーツ選手であったかもしれないが、現役ではない、スポーツの精神を本当に理解しているとは思えない人物が発言したら、右へ倣え? スポーツはそういうものではない事、逆に示してもいいと思う。

元首相ならば現実的なマネージメントという観点も組織委員会のトップとして、しかも都から委託された組織のトップであるならなおさらであるはずだ。であるのに、今更、という言い方で予算の精査どころか、見直しの動きにブレーキをかける、おかしな話だ。

こういう事など見ると、やはり森喜朗という人物、密室でしか首相になれなかった、その程度の資質の男、そう見られても仕方がない。

スポーツ選手だから一般常識もない、そのように軽んじられる、そういう事があってはならない。だが、選手の側もそういう環境下にあるからと、何も発言しなければ、相変わらずの筋肉馬鹿、そういう見方しかされない事も確かだろう。
リオ・オリンピック壮行会での森発言は逆にスポーツ選手が人並みの政治的発言をしていけるいい機会だったと思うのだが、黙ってそれに従ってしまっているさまは、自分たちで首を絞めた感がある。

私がここのブログで現首相の安倍や元首相の森を批判したから国賊であるとか日本という国家を軽んじているなどと短絡的に見る人はほとんどいないだろう。私はおかしなことに対しておかしい、そう書いているだけであり、日本を取り巻く韓国中国、北朝鮮など、日本よりもおかしい国はいや、国民も含めてだが、より厳しく批判している。
日本国民とか何とかよりも先にまず、人間としてどうか、そういう事の方が気になるのであり、森元首相なども日本人として云々より先に、人間としてどうか、そういう視点で見てしまうからである。

小池都知事がで、東京オリンピック予算の見直しに着手した事への批判の錦の御旗が、東京オリンピックを成功させよう、その言葉であり、今までどのように決めていたかという透明性を欠いた事への反省はしないで、見直しとか批判という事に対しては、錦の御旗に対して、いかにもそれを失敗させようとしているかのような言い方をするのだが、そのような過剰な出費で、本当に都民が祝える、あるいは喜ぶオリンピックになるだろうか。

組織委員会なども我々から見ると立派過ぎると思うビルに入っているらしいが、オリンピックの御旗の元ならば何でも通る、などという時代ではない事、組織委員会こそ肝に銘じてほしいものだ。

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る