So-net無料ブログ作成
検索選択

接待とうな重 [所感]

接待などと書いたが、実はそのような大げさな話ではなく、取引先と同道した時の昼食の話なのだが…。

皆さん、土用の丑の日、商売人の宣伝文句に乗せられて鰻を食べられたのだろうか。

物心がついてから“うな重”なるもの食した経験がないままに、社会人として安給料で働いていた私は、しかし、あまり金に執着したことがなく、いや、これは貧乏人の典型で金離れが良いというか、月末に、少しでも手元に残っていると、昼休みとか終業後に卓球の相手をしてくれた会社の先輩にいわゆるコース料理を驕るなど、とことん貧乏人の典型の生活をしていた。

だからと贅沢をしていたというわけではなく、分相応に慎ましく、だが、預貯金をするわけではなく、月末に金が残っていると、翌月の仕事へのチャージとしてショーレビューを同期入社の同僚と銀座に見に行って、その後、貧乏人には豪華なディナーに行ったり、そういう生活をしていた。

いや、寮生活をしていた関係で食が保証されていたことが大きかったのかもしれない。先輩の寮生など、寮の食事を当てにせずに結構近くのスナック等に通っていたりしたので、本当は安給料という事ではなかったかもしれない。そういうわけだから、仕事上でなければ自ら外食、そういう選択をすることも少なく、鰻を食する機会もないままに、2,3年は経っただろうか。

それがある時、本当にどういうわけだか、急に鰻を食べたくなって、わざわざ少しばかり距離のあるJRの駅前にあるうなぎ屋に一人で行った。別に贅沢をしよう、そういう気はなかったのだが、肝吸い付きの“上”を頼んだ。食べてから思ったのは、自身が良く覚えていないだけで、鰻は食べたことがある、そういう事だったが、せっかくの肝吸い、汁だけ飲んで肝をそのまま残してしまった事が後で、やっぱり誰かに連れてきてもらうんだった、そういう後悔につながった事である。

 という事で、その後、取引先との同道などを含めて、鰻を食する機会も増え、普通に食べていたのが、体質が変わったというか、鰻の油を受け付けなくなり、鰻を食べると下痢をするようになってしまった。いや、常にではないが、そういう傾向が強くなった、という事。

さて、取引先と同道という事だが、正確に言うと、私が勤務している会社が発注した部品や装置の技術的打ち合わせ、あるいは納入についての査察が主であり、相手は設計部門の人物が帯同することもあるが、営業担当者が同行するのである。

、もちろん、そういう事が常ではなく一人での行動も多いのだが、取引先の営業マンが同行する場合など、手っ取り早い昼食というのが、うな重なのだ。うな重はたいていの人にとって昼食でなくとも御馳走の部類に入るのだろう。夜は夜でもっと豪華な接待ディナーなど考える営業さんもいるので、たかがうな重、そういう風に見る向きもあるかもしれない。

 だが、自身の体調で、そういう接待の食事を断り続けていた時に、数社の営業さんから言われた事がある。「お客さんをだしにして申し訳ありませんが、実は自分達が食べたいので、受けてくれませんか」と。もっともそういう言い方をしてこちらが気兼ねなく接待を受けられるようにするというものもあったかもしれない。

 しかし、こちらとしては、意地汚くは育てられていないので、接待のような相手持ちの食事をしても、おいしいものの味が半減したり、食べた気にならない、そういう事の方が多かった。自腹であれば、好きなものを選べるのに、昼食も含めて相手の接待になるとだいたい事前に設定されているために、こちらに選択肢がなく、昼食としては、私の方はかつ丼の方がボリュームがあってお新香なども食べられる、そういう庶民派なのだが、うな重さえあてがえば御馳走、そう思ってくれるという営業マンが主流の時代、そういう時代に私はサラリーマンをしていたのかもしれない。

もちろん今とは違って、回らない寿司屋も接待の場所としては多かったが、本当に食った気がしなかった。

 他人の金で飲食するのが好きな人間ばかりではない事、もう少し世間が知れば、おかしな人物が行政の上に立つ事もないのではないだろうか。私の父親は相当の上流階級の出身者だったが、貧乏しても金には潔癖であり、仕事上でも私心を持つような人物ではなかったのだが、私が同じような道を歩いて初めて、そういう人物が世間には少なく、したがって、かえって誤解を受けやすい、そういう事が分かったのだが、おごられ過ぎても金銭感覚がマヒするのと同様、権力の座に長くついていると、自分中心で行政が回るのが当たり前のようになり、常識が分からなくなるのかもしれない。誰の事かって? 皆さんご存知の人物とその周囲の取り巻きの事しか思い浮かばないでしょ。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る