So-net無料ブログ作成

おかしいよ福島第一原発の処理 [社会]

やはり、ブログ更新は体調的に無理のようなので、今後は体調のよい時に短く、としたい。

さて、これも書きかけのもの、引っ張り出してきてアップしたのだが、尻切れトンボ感があっても悪しからず。

以前のブログで設計思想とか設計審査という事について触れたが、福島原発のメルトダウンした燃料棒の取り出し方法についての報道があった。

しかし、一技術者として言えば、本当によくまあ、こんなもので原子力関係の学者や技術者はかつて原発建設反対派を何も知らない素人、として嘲笑していたものだと思うのだが、これこそその原子力関連技術者達が失笑ものだ。

何が、という事なのだが、まず、一般に出回っている製品について。

全てという事ではないし、やっていないところの方が多い、そう思っていただきたい。しかし、やっているところもあるし、民間企業が、それも製品の故障が顧客や地域の住民の生命財産を無くす、という事に繋がらないような製品でさえ、行っている事を考えれば、日本だけではなく世界中の原発はやっていない、そういう事なのだが。

もっとも、その恐さを知っても、それが現実問題として存在するなどと言えば、原発など作れないから、知らぬ顔の半兵衛を決め込んできたという側面もある。とは言え、原発建設を巡って推進派と反対派が侃々諤々でテレビ討論等を利用してやり合っていた時の日本の原発推進派の態度を考えた時、決して知らぬ顔の半兵衛などと言うものではなかった。つまり、そこまででさえも至っていなかった、そういうのが正しい表現であるかと思う。

設計審査のところで設計部門だけでなく営業や調達、品質部門まで製品に関わる色々な部門が製品を世の中に出すにあたり、当該設計で本当によいのか審査する、そういう事を以前のブログで書いたと思う。

これは製品を作る過程で仕様に合わなかったものやあるいは顧客に渡ってから故障などで返却されて修理後顧客に返送する等、トラブル時についてしっかりシミュレーションすることが設計審査においては大きな要素となっている。

もちろん、製造途上での不良や出荷後の故障などない方がよいので、品質第一なのだが、ゼロディフェクトが容易に実現できない場合もある。そういう時にはトラブル時の対応が重要なのだ。

ところが先日報道された福島原発についての内容は、メルトダウンした燃料棒の取り出し方法について、三つの方法が考えられるとして書かれていたが、もう試したと見えて、その続報で取り出しを行う操作端のロボットが動かなくなったと報道があった。

この事は原発建設以前に、故障時にどうするか、そういうシミュレーション、つまり設計審査をやっていなかったか、全く機能していなかった、そういう事になる。

既に麻痺現象が始まってしまったようだが、燃料棒のメルトダウンというのは実は大変なことであり、それを映画化したものがチャイナシンドロームという、まあ、映画だから実際にはあり得ないアメリカの裏側が中国のような描き方で、メルトダウンした核燃料が地球の裏側に達するような、人間がコントロールできない恐ろしい事態を描いたのだが、しかし、そういう恐怖を駆り立てる要素のあるものであったことは、福島第一原発の冷却電源喪失時のテレビ中継の逼迫した報道で皆さんもご存知だと思う。

ああいう報道をされていて、原発推進技術者や電力関係者を除いて一般国民の誰一人、原発が故障時にもしっかりコントロールされたものだとは思わなかったと思う。

ロボット大国の日本にして原発内で使えるロボットなど持ち合わせていなかったのだが、その理由も、電力会社にロボットメーカーが売り込みに行っても、「原発のどこが故障するのか、ロボットがどこで必要になるというのか、故障しない原発のどこにロボットが必要になるのか?」そのように例えば東電などはせせら笑ったという。

ではメルトダウンした燃料棒の回収作業はどのようにしようとしていたのだろうか。

今、既設の原発の再稼動申請と一部では原子力規制委員会のお墨付きが与えられたものもあるが、はて、メルトダウンした燃料棒の回収や無毒化処理方法さえ確立されていないのに、どこに安全を担保できたなどと保証できるものがあるのだろうか、同じ技術分野にいたものとして、こういう稚拙な連中が規制委員会などと国民の安全安心に関わるのは恐くて仕方がない。

原発立地について活断層との関係を捉えて、活断層が通っていないから再稼動OKだとか、駄目だとかいう議論なども東電が勝手に、シミュレーションで出た津波の高さを「こんな数値の津波など来ない」などと根拠無しに勝手に決めつけた東電担当者達の事、忘れまじ、というところか。

火山学者が規制委員会や規制委員会の判断を持ち出して再稼動にゴーサインを与えた裁判所の判断を批判したが、これは然り。火山列島の日本は昭和新山の例を挙げるまでもなく、いつ、どこに火山ができてもおかしくない。現に今でも小笠原諸島に海底火山により新しい陸地ができているが、これが陸地にできない保障はないし、日本には阿蘇山の頭頂部が吹っ飛んだという話もある。

それらの話が荒唐無稽と批判するよりも設計審査のイロハさえもできていない連中が設計する原発、恐くはないのか?

恐くないと言うなら、地産地消で、それこそ一番電気を使う大都会に、それも行政府エリア内に作るべきだと思うのだが。

東証平均株価20000円越えについて [政治]

株価は買い注文が入らない限り、基本的には上がっていかない。
最近は電子取引となって、各種チェック機能もあり、あまりにおかしな売買は規制が掛かるようになっているようだが、それでも実際に現金のやり取りという売買に時間や実体が伴っていた昔と較べて、空売りや空注文という実体のない操作で株価の操作も可能であり、発覚しなければ、企業の実力とはかけ離れた株価で売買されるケースもある。
 
取引について現金のやり取りと書いたが、信用取引という、現ナマのやり取りではなく信用取引での仕手戦という手もいわゆる株屋では行われていたような、そういう過去もあり、そういう事等をトータル的に見てマネーゲームと言ったり、汗水流して地道に働く人生の対比として見る言葉もある。

私が子供の頃、本屋で書籍を探す時に必ずと言っていいほど雑誌やビジネス書のコーナーにはマネービル等の文字の入った月刊誌などがおいてあり、何だろうかと思っていたものである。

高度経済成長期にして額に汗水垂らして金を稼ごうではなく、金の運用で稼ごうという人間がいたという事なのだが、高度経済成長という事はパイ自体が大きくなっていくので、株等への配当があってさえ、一般労働者の所得をマイナスにする必要はなく、多くの人が収入の増加を実感できていたと思う。

ところがGDPが安定期から低成長気あるいは停滞をし始めると、投機で稼ぐ連中にとっては、自分たちの取り分を厚くするためにはよそを削ってもらわなければならない。しかし、そういう欲望を政府が実現する方向で動くというのが地道に生きてきた私などからすると驚きなのだが、しかし現実に自公政権はその方向で動いた。

これの最初が小泉政権の時の名目は規制緩和という政策だった。
そしてその次が今回の安倍政権下でのアベノミクスなる二番煎じ政策である。

経済を好転させたという名目には株価が大きな要素となる。
だが、実体経済としてGDPに大きな寄与のあった産業について皆さん、思い当たるものがあるだろうか。せいぜいが円安による外国人観光客の増加及び観光客の購買だろうか。

産業や産業構造の劇的好転などの要素がなければ、株価だって大幅な上昇を見込めない。そこで政府が手をつけたのが年金運用の制限である。
我々の年金は我々が働いた中から一定額徴収されてそれがリタイア後、年金として戻ってくる、この時に物価上昇分も繁栄させて受け取れるようにプールされている巨額の年金が安定した利子を付加して戻ってくる組織に投資されている、そういう事でずっと仕事を辞めた後の生活の安定を享受できていたというのが今までだった。

つまり投資した元金が減るとか無くなるという株のようなリスクのある投資は法律によって制限されていたのだ。

元金に対しての配当どころか元金自体を大きな損失に晒す比率の高いものが株取引であり、実体経済が成長あるいは順調に推移していればリスクが小さくなるかも知れないが、そうでない場合、あるいは将来的に恒常的利益どころか必ず、どこかで上下するという株価は、資金の投機的運用でしかないのは、先人達は皆知っている。

そういう株取引というものについて、年金運用についての規制を35%から50%に緩和して株価上昇のトリックを用いたのが安倍政権の株高というものの実態なのだ。

実体経済で大きな産業活性化を見せるものがなければそれは単にマネーゲームでしかなく、結局は誰かがババを引くことになる。パイが大きくならないのに一部の人間が大きくパイを食えばそのしわ寄せが他に来ることは子供でもわかる論理なのだが、何故、そういう危ない綱渡りのようなものに国民の年金を巻き込めるのか、私は人間として安倍晋三なる人物は信用できない、と思っている。

福井地裁の原島麻由裁判官判決 [司法]

体調も悪いし、それによって現在目にできものができて大変な状況であり、ブログの更新は大変な負荷なのだが、掲題の件、コメントをお寄せいただいたので、何とか私の考えを書きたいと思う。

まず、どうしてこの件がインターネットで話題になったり、コメントでお寄せいただいた方の目に止まったのだろうかという疑問がある。

私の件など、有罪という結論ありき、私には裁判長を務めた人物のゲスぶりが手に取るように分かっていたので、できるだけ、おかしな判決を出したら世間が黙っていないぞ、そのような牽制のつもりで傍聴支援を色々なところに働きかけたが、果たせず、結果、物証に整合しない強引な判決を下されてしまったが、その事、インターネットでも話題にさえならなかった。

だから何故、一つの交通事故事案、それも民事の事案が話題になっているのか分からないのだが。

掲題の件というのは、詳細が分からないが、片側一車線の相対する車線を走行する車同士が衝突した事案で、中央線をはみ出して反対側車線に飛び出してぶつかった車の方の助手席に同乗していた人物が死亡したことについて、その遺族が衝突した相手側の車のドライバーに対しての死亡事故への過失責任を問い、損害賠償請求を起こし、賠償金支払い判決を勝ち取ったものである。

私の事案について関心を寄せていただいた方からのコメントで、この事知ったのだが、中央線を越えてぶつかって来た車の助手席に乗っていた人物の死亡責任まで問われる事が適性かどうか、そういう事で評判になっていると解釈しているのだが。

実際、その事についての色々な御仁の話はこういう判決を下した裁判官をこき下ろしている。

交通法規に違反するかしないか、という事よりも我々はお互いに交通法規を守っている事を前提にお互いに車を運転したり同乗している。

だから信号機のある交差点では信号機をお互いに守っているという暗黙の了解があるから、緑色の信号ではそのまま交差点に進入するし、赤では止まるのである。

それを信用できなければ信号機があってさえ、交差点に差し掛かる度に車を徐行あるいは停止させなければならない。ところが道路交通法では、円滑な運転というものも求められている。つまりむやみやたらに信号機のある交差点で交差する道路の車両の運転が信用ならないからと信号機が緑色であってさえ、むやみに徐行したり停止して後の車両に追突されれば、円滑な交通を妨げたと、こちらの方が罪に問われる可能性の方が高い。

交通法規があってさえ、信号機のある交差点で信号機が緑色でも徐行したり停止してはいけない、そのようにはなっていないから、とそれをやる事はかえって道路を利用する車両等への混乱を引き起こしてしまうので円滑な運転を心掛けるように教習所や運転免許センターでも指導している。

そしてこういうことが車両運転ではお互いの信頼関係として存在しているので我々は安心して交差点を緑色では、そのまま進行し、赤色では止まる、そういう事を守っているのだ。

中央線にしても然りで、これをはみ出して走行していいなどとはどこにも書かれていないはずであり、仮に特殊車両でそういうケースが生じる場合は、特別に反対車線を規制するとか言うことではなく、当該区間を通行止めにしたりあるいは別の交通手段を講じるなどという対策が取られている。

この事案の詳細を私は知らないが、一般論としてみれば判決は暴論である。
体調の悪いなか湯治のためにブログを休む前に私は車で温泉に行ったのだが、この時、山道でひやりとする事があった。

山道とは言え国道であり、昨シーズンから整備されて舗装もきれいになっていたところ、私は登る方であり、反対車線側は下っている。当然、登り側に配慮すべき運転が求められるはずなのだが、私の方は登りという事もあって、制限速度40キロのところ30キロ程度まで落ちての左カーブ。そこにカーブの向こうから中央線ギリギリで大型トラックが突っ込んで来たのだから、咄嗟にブレーキを掛けたのだがトラックの後部は大きく中央線をはみ出してこちらの車線の半分近いところまで出てきた。

ブレーキを踏むタイミングがもう少し遅れると引っ掛けられていたと思うが、かなりの急カーブなので本来は外側に沿うように運転しなければ反対車線にはみ出ることはトラックの運転者であればわかるはず。ところが山道ではカーブが右に左にと曲がるところではいい加減な運転者はそのカーブを直線的に進行しようとする。

結局、このようないい加減な運転者が事故を引き起こしたりするのだが、こういうものを件の裁判官のような判決ばかり下せばまともに運転する人物がバカを見てしまう。

つまり反社会的判決は、これ自体が違法であり、こういう事をやる人物自体が法律違反をしたのと同様という事になる。

社会に混乱をもたらしたとして逮捕され刑務所に送られる人物がいることを思えば、おかしな判決を下す裁判官も例に漏れずに刑務所に送るべき、私はそう思っている。

どこに裁判官を免責にする理由が存在するのか、それを問いたい。

私の事案でも無法、違法走行をする自転車がひきも切らない場所でその被害にあった私が加害者とされたが、そういう事をするから暴走自転車が絶えず、結果、余計な信号機の設置や、その後にまた横断歩道を廃止するために新たなガードレールの設置や縁石を設けたり、これら余計な費用は誰に出費転嫁されるのか。

おかしな判決を下すようであれば刑務所に入れる一方で裁判官達から費用調達してもよいと思う。中央車線をはみ出ないように神経をとがらして運転するような国道であっても狭い道では、こういう判決が下れば、反対車線に車が出現する度に相互に徐行運転か停止しなければ運転などできやしない。

まあ、そういう事から考えればこの判決自体が社会に受け入れられるものでない事、想定できない、それが裁判官だと思う。こういうのを許していては円滑な社会生活というものが送れなくなる、いや壊されるという事になる。国民全体がもっと裁判官というおかしな連中に縛りを入れるべき、そう思う。

厚顔無恥 [社会]

三週間ほど前、強烈に体調不良、それも心臓に大きな負担の掛かったような極度の疲労感を伴うものが出ていながらどうにも目の調子が良くないので、温泉治療にと無理をして出掛けた、そのツケか、さらに体調不良をひどくしたようで、それっきりブログとは縁が切れたような状態になっていたので、いつ再開できるだろうかと思っていたのだが…。

そのような次第で皆さんへのブログ訪問もままならない状態でいたのだが、先日、アドレナリンが出てくるような事態があって、その勢いを借りてその事について書いている。

以前にも書いたが、私は自身が着せられた汚名について、あまりにひどいではないかと、想定できるところには出掛けて協力を求める行動を取ってきていたが、共産党員及び、共産党系の組織だけは私の神経を逆撫でする言葉を吐いてきている。

選挙期間中に選挙妨害になる行為、及びそれと疑われる事はしない、つまり私の生き方である、正々堂々としたこととは相反する事になるかと、統一地方選が始まってからはあまり政治的発言をしないように努めてきたのだが、あまりに人の神経を逆撫でする行為をされたので、ここに書くことにした。

私の住む都市は人権宣言都市として大きな柱に詠っている。
私は私が訴追された事案で、人権侵害されている。当然、市として、市長あるいは市議としてそういう情報を得たら動いてもおかしくない。

私の場合は、馬鹿裁判所が新しい証拠がないと再審請求には応じない、そのような頑なな態度しか持たないから、自身で子供でもわかるように私の事案を説明できるものを、レベルが多少落ちたとしても、物理的事象に造詣の深いインテリ及びそういうインテリと人脈があるとされる共産党にその紹介あるいはもっと人脈として太いパイプを持つ上部組織を紹介してもらおうと地元の共産党市議に会いに行った。

数十枚に及ぶ資料及び写真まで渡して説明をした時にこの共産党市議は何と言ったか。
人権のことなど扱えない、そう言ったのだ。

戦前、特高や憲兵、あるいは時の政府から各種弾圧を受けて、人権という事には一番敏感であるはずの共産党市議にしてこうなのだ。

挙げ句に何と言ったか。
「相手に焼香に行く気はないのか?」そのように私を非難した。

とんでもない。被害者は私であり、汚名を着せられた挙げ句に1000万円近い金を裁判に費やさなければならない理由などないところにもって、民事で7000万円の損害賠償請求など不当な事ばかり。

「そこまで言うなら同乗していた母の口から事実関係を聞いたらどうか? 我が家がどれほどの苦しみを受けたか、母親の口から聞くといい」私はこう言ったが、その後、メールでも確認して、その市議は来る、そう言ったのだ。

ところが民事で7000万円もの不当な請求をしてきた弁護士事務所代表が共産党系の東大出の社会派の弁護士という触れ込みの人物。市議がこの人物と懇意ということもあり、結局、自分たちの組織としての利益を優先したらしい。私が渡した資料を昨年末、大晦日の午後5時過ぎに我が家に返しに来た。

ついでだから母の話を聞いていったらどうか、私はその気がないと分かっていながら尋ねたが、会うとは言わずにそそくさと帰っていった。

この人物が先日、我が家の2件隣の場所でスピーカーを通じて過去の実績とやらを含めて選挙演説をしだしたのだから、人の神経を逆撫でするにもほどがある、そう思って「嘘を言うな!」そう文句を言いに行ったのである。

人権宣言都市を詠っている市の市議が人権は扱わないというなら、何をやるのか?
自分たちや党に都合の良い事だけをやるために市議になるのではなく、市民のために市民を代表して市政をチェックするのが市議の役割であり、市民が人権侵害されていることを知れば、その解決のためにはどうやればいいのか、それを考え実行することも市議の役割である。

私の裁判では共産党系の弁護士も私の弁護をしてくれているので、共産党系全てが悪いなどと言うつもりはない。しかし、この組織、劣化が甚だしいと思う。何のための政党であるのか、今一度反省して考える必要があるのではないのか。

必要があると言っているのは、無償でのボランティアではなく国民の血税を収入として得る以上、国民の利益を考える必要があるのに、国民よりも党の利益優先、そう見える節が多々あり、また、分かりもしないのに分かった振りをして人を下に見る傲岸さはどこから来るのか。

共産党系、東大卒、弁護士これだけ揃えば、傲岸さも筋金入りになりそうだが、そんなもの井の中の蛙でしかないから傲岸になる。君たちの知らない世界や君達よりも上の人間はもっといっぱいいると思うよ。

事実の把握をする力もなくて、よくまあ勝手な論理で人を非難したり無実の人間に汚名を着せられると思う。
私は犯罪者の汚名を着せられているが、一つ一つ誠実に事実を見て行く人間として生きているから上記のおかしな皆さん全てを合わせたよりも自分の方がずっと上だと思っている。その証拠に上記の条件のどれ一つ当てはまっていないから。
メッセージを送る