So-net無料ブログ作成

自縄自縛 [国際]

社会の劣化、いやいや実は政治の劣化が引き起こした結果が社会の劣化につながっていると見るのだが、政治の劣化があっても社会の劣化が進むとは限らない。
しかし、政治家の慢心が社会構造を変えていっていることは確かだと思う。

正しいことを正しいと言える、さらに言えば、実行できる社会。
本来であれば、自身や自身が所属する政党等の組織の利益優先などと政治家としてはおかしな言動をしなければ国民にだって堂々と説明できるものだと思う。

しかし、それをやれない能力のままに政治家などやっているから、迎合政治、いわゆるポピュリズムに走らなければならなくなる。

有名なのはローマの闘技場等でのエンターテイメント政治で大衆の機嫌取りばかりやっている間にローマの内外で情勢の変化が起き、いざ、という時にローマ自身が持つものでは何ら対応できなくなっていた、という事があったが、その後も、そういう歴史の教訓を生かせずに、国として潰れていった国が数多くある。

であるのに、その事を学べずに同じような事をやっている国がある。
全く馬鹿な事だと思うのだが、しかし、単に自滅、そういう事にならない場合、いわゆる傍迷惑、という事で、巻き込まれる国もたまったものではない、そういう事なのだが。

社会の試験ではないが、ここまで読まれてきた方は、どこの国のことを私が言おうとしているのか、そう思っているだろうが、ポピュリズムと言えば、政治的には、もう後進国の典型だから、お分かりだと思う。

日本に技術の支援を仰ぎ、日本が戦後賠償の代わりに資金的に支援してきた、その一方で反日教育をしてきた中国の事なのだが。

本当に、この国の政治家連中、馬鹿としか言いようがない、そう思っている。
何かにつけて、大衆の数を頼みにした動きが気になるという。反政府の動きにならないように、政府の人気取りとして反日教育をしてきた大衆には、反日の強硬姿勢を取れば政府の人気が上がり、反政府の動きにはならない、そういう事をやっている。

しかし、これは掲題に書いた通り、自縄自縛以外の何ものでもない。正しい政治を行っていくべき政府あるいは政治家がフリーハンドでない、その事からどういう結果が待ち受けるかわからない、そういう危険な路線上を走っている、という事になる。

尖閣諸島が中国の核心的利益に属するものだという、こんな話、中国の過去からは出てこない。
一般中国人など、中国大陸から遠く離れた尖閣まで出てくる話でもないし、そこから利益を得ていたという話でもない。

海底の地下資源の話が国連の調査で出てきた途端に、自国領などと言い出す話も、政治家として、どうかと思う。一度口にすれば、国民の側は、それに洗脳されて、思い込む。結局、日本は戦前から侵略国家の体を変えていない、などと勝手な話に持っていくだけの話だが、これ中国政府の自縄自縛でしかない。

政府とか、そういうものない方が、おかしな話にならない事が多いのではないか、そう思うのは、日本だけでなく、国際的に政治の劣化が激しいからなのだが。

お隣韓国も嫌日教育を竹島がらみで行っているというのだが、これも同じで、政府の支持率が下がると、必死で日本たたきを行って支持率を上げるという。
韓国も今、景気低迷の上、すり寄っていた中国からはアメリカのミサイル防衛システムの韓国配備で政治的におかしな状況になり、経済的に頼る相手を探しているらしい。

もちろん、真っ先に日本が支援を得る相手として浮かぶのだが、従軍慰安婦問題など、世界中で告げ口外交を展開してきた、その同じ人間が抱きついてくる、という事だが、日本人としていい気持ちはしないだろう。

だったらまずは、世界のあちこちで従軍慰安婦の像とやら、日本人が腹立たしく思うもの、まずは撤去して、自分たちのおかしな姿勢を正してからにしてはどうか、などと狭量にも私は思ってしまうのだが。

いや、これは私個人が個人的にサムソンという韓国企業の韓国人に彼らのミスを棚に上げて私を旧日本兵のような態度だと言い放った、そういう経験から来るものだが、世界一の企業だと韓国人自身が思う、その企業に働いているという傲りから出た言葉だと思う。

正しく自分たちのミスを認めその処理をすべきところ、世界の一流企業だからミスなどしないと言い張り、問題を大きくした担当者と同じレベルのことが国を代表する政治のレベルで行われているのが韓国という事だろうか。

いやいや、中国であれ韓国であれ日本であれ、政治が国民のために動いていると実感させるものが少なくなっている。だったら、市民革命を起こして、今のNGOに権限を委ねた方がよっぽど世界の市民は幸せなのではないだろうか、そう思うのだ。なんといっても膨大な軍事費が各国からなくなるのだから、皆さん、かなりいい暮らしができると思う。

弁護士会 [司法]

弁護士会は、皆さんにはあまり馴染のない組織かと思う。

私自身も弁護士会どころか弁護士ともほとんど接触のなかった人間だからだが。
ほとんどと書いたのは、会社で働いていた時に、部下の一人を解雇しないで済む方法について弁護士会の当番弁護士に相談した事が一度あったから、ということだからだが。

しかし、安いとは言え有償の相談で弁護士は全く他人事。相談してよかったどころか、こんな連中に払う金が無駄、そういう思いを強くした。

だが、刑事事件は違う、というよりは、弁護士なしで初めての刑事訴追を乗り切れるほどこちらに知識はないし、刑事裁判のイロハもわからないどころかこちらが拘束されていては、何もできない。

という事で弁護士を頼ったが、彼らの矜持とはこんなものか、そう思う結果だった。

もちろん裁判官という連中が箸にも棒にもかからないような屑連中である、それが故に、弁護士でもどうにもならない事があるのは確かだが、弁護士の裁量や姿勢としてについては、彼ら自身の問題だと思う。

もちろん、頑張ってやってくれた弁護士もいるので、全てについて否定する話ではない。
だが、強姦罪で訴えられている被告人の弁護士が、訴えを取り下げないと(親告罪だからこそ、こういう行為も有効なのだろうか)、写真をばらまくと脅したり、事実の見極め能力がなく、事実と思えない事でも執拗に高額の訴訟を起こしてきたり、あるいは、その事、弁護士ならば、アリだという弁護士。

以前にも書いたが、弁護士法には社会正義の実現をうたう文言が書かれている。

社会正義とは社会ルールに反したり公序良俗に反する事をしない、そういう事だと思うが、私だったら、おかしな話を持ち込まれたら、あなたに非がある、そう諭して訴訟をやめさせると思うし、膨大な成功報酬などあてにしない。

ところが社会派などとうたっている弁護士事務所がこういう事を行うのだから、何をかいわんや。

私事だが、私の刑事訴追の弁護をしてくれた弁護士が弁護士会を頼ってみたらどうか、そう言ってくれて、弁護士会に連絡し、判断に足る資料を送ったのだが、全くなしのつぶて。

まあ、人権侵害などこの国には法的に問題のある事が一般社会だけでなく、司法の社会にも山ほどある、そういう事かもしれないが、前述のような弁護士の活動を許している弁護士会という事を考えると、単に、私たちはこういう活動をしています、そういう表看板だけであって、実質の活動はないのかもしれない。

とにかく、弁護士という連中の信用度は私の中ではほぼ、ゼロに近い。

女性の活躍、素直には喜べない。 [社会]

外国特派員協会での民進党の蓮舫議員の「本当につまらない男です」なる話、話題にされた岡田代表も併せて、私は、好きですねえ、こういう話。蓮舫議員は後で岡田氏に謝罪を入れたらしいですが、できれば謝罪なしで、阿吽で伝わるくらいの関係があったら、そう思います。

その報道の前に、蓮舫議員があるテレビ番組に出ていました、なかなか歯切れがいい。あまり歯切れがいいと舌禍につながるのだが、最近、子供が多くて、趣旨が伝わらず、どうでもいいことを取り上げて騒ぐ傾向があり、そういう事の方が気になるが、それでもあのサービス精神と切り込む歯切れの良さが発揮されればと思う。

また、小池都知事。既存政党を相手に海千山千。たいしたものだと思う。生半可な心構えでは彼女に勝てないと思うが、敵役だった自民党都連会長の石原伸晃の情けなさ、これがあの傲岸な慎太郎の息子かと思う人間の小ささ。

小池都知事は、選挙戦略だったかもしれないが、本来の都民のための都政という観点で暗部を表に出す言動をしているが、これ、増田寛也だったらどうだろうか。男の方が腹を括る覚悟に欠けている、これが今の日本の政治の問題点かもしれない。

待機児童問題で「保育園落ちた、日本死ね」のブログで一石を投じた主婦に対して自民党の平沢勝栄議員は、日本語が汚い、乱暴だなどと本末転倒の事ばかりを出演したテレビ番組の中で言い張っていたが、これじゃ、議員に期待するものなど何もない、そう思わせた。末節は後で少し触れるだけでいい。本質について、政治の問題点から発言すべきだった。

また、築地から豊洲への市場移転問題、今、色々騒いでいるが、石原慎太郎や舛添要一が、豊洲に足を運んだり、ちょっとプラント市場関係者と意見交換すれば、貴重な都民の税金が浪費されることなく済んだのではないだろうか。

前述両者の間には道路公団民営化で実績があると自認する猪瀬直樹氏がいたのだが、同じ課題を抱えていたことで比較すると、小池都知事の方が、しっかり問題をあぶりだしただけ有能に見える。結果がどうあれ、切り込んでいる小池都知事は、それだけでも大したものだと思う。

こういう人たちを見ていると、女性が活躍するのも悪くはないか、そう思う。

だが、私個人として、苦々しく思う女性たちがいることも確かなのだ。
私を訴追した悪党の大谷貴光という副検事。副検事という肩書からもわかるように、人を説得したり、事実関係を究明する能力などありゃあしない。

いや、副検事という職についている人物皆がそうではない、そういう意見もあるし、そうであって欲しい、そういう思いもあるが、副検事なる職についている人物については、だいたい、丸暴、つまり暴力団と同じで、脅しなどで、強引に罪に落とす、これが定石なのだという。そして、代々、そういうものを学んで副検事という職に就く人間は、脅したり恫喝して容疑者に罪を認めさせる、そういうことをやっているそうだ。

そういう事で、私の事案でも「あの副検事はバカだから、この裁判に対応できずに、担当が検事に代わった」そう弁護士が言ったように、検察官が代わって、副検事から藤井順子という若い女の検事に代わった。

しかし、前任者の杜撰、でっち上げの調書など見直しをせずに、検察は間違わないという看板をしょったかのような間違った内容の話を参考人に問い詰めたり、とんでもない人物であった。このことは以前にも書いたが、わかりやすく言えば例えば、加速度αと速度sとではどちらが大きいか? などと言われても、単位が違えば、比較することが間違いなのだが、それを指摘しても”見解の相違”こう強弁した。

皆さんお分かりだと思うが、定常速度100km/hの電車に乗っていても加減速がなければ、人はつり革などに掴まらなくても容易に立っていられる。その時加速度は0。だが、電車が減速しだすと、電車内の人には慣性の法則で力が加わり、何かに掴まらなければ立っていられない。これは速度がゼロに近いところでも大きな減速が起これば、変わらない。

単位系でcgsとかMKSとかそういうものを合わせて絶対値的数字のみで比較しても上記のように、数字だけの比較は逆転する。だから見解の相違などと、比較もできないものを自身が間違っていることを認めずに強弁するような、事実に基づかない話を真摯に受け止められないような人物が検事などやっていること自体おかしいのだ。

この人物、間違いはこれだけではなく、山ほど間違っているが、どれもこれも検察という組織を守るためだけの仕事をしているようにしか見えなかった。

同様に、裁判官にも片手分の人数の女性裁判官が関わっただろうか。常識的に、判断できる、つまりふつうに検察の訴追について疑問が残る、そういうものを私は上程しているのだが、これも裁判所という権威優先、保持のためとしか思えない、つまり彼らの顔が見えない裁判業務しか行っていない。

おかしければおかしい、間違いは間違い、そう認める姿勢がたとえ女でも役人や官僚であっても、ましてや検察官あるいは裁判官という職業ならもっと必要なのではないだろうか。彼らは組織のために存在するのではなく国民社会の円滑な運用上存在している、そういう事すら認識できずに、ひたすら前任者の馬鹿な訴追を継続しようとしたり、裁判長の顔色を見る仕事しかしていない。

そういう女性が大きな顔をして権力を振りかざしている現実がある事も皆さんには知って欲しいと思う。

ついでに書いておくが、私は時速35キロで車を運転中に前方のガードマンとやらにわき見して漫然と走行し、前方横断歩道横断中の自転車乗員に自車(乗用車)右前部を衝突させて重傷を負わせた、として逮捕され、異例と言われるほどの長い留置をされた人間なのだが、この起訴内容、おかしいと思える人はどれだけいるだろうか。

まず頭で考えて、そして現物を見る。小池都知事はやっていますね。それだけで藤井順子という馬鹿検事とは違いますね。

前方に車が突っ込んでいって車の前部でなく車の右前部をぶつけられる人がいたらお目にかかりたいもの。漫然と走行していたという事ですから、ドリフト走行などしているわけではない、そう認めているのも同じ起訴状なのですがね。

まあ、この馬鹿、性悪という修飾語ばかりがつく司法関係者たちの悪行については、また、書き連ねますが、この中に、多くの女性が混じっているという事も現実、そう言いたかった、そういう事です。

決して女性だからとかいう事ではなく、本人の覚悟、資質だと思います。ただ、男が相対的に落ちてきている、それも否めませんやね、お粗末様。

江戸時代なら死罪?年金の不正運用 [政治]

GPIFの年金運用における赤字が公表されたが、参院選前に巷で騒がれた通りの赤字、すなわち、参院選前に公表されれば、与党の敗北につながるとして、定例の公表時期を遅らせて、参院選後に発表するという姑息なやり方を反映する5兆円という大きな赤字が発生している。

さらに、この対象期間前の期も5兆円の赤字という事でトータルすると10兆円超という、安倍政権が年金運用における縛りを我田引水のように、株式投資に持っていけるように解いた、これが、そのまま赤字に反映されているような経済通の分析である。

江戸の時代、盗人が10両の金子を盗めば、死罪、そのように相場が決まっていたようなのだが、GPIFの運用損の10兆円の赤字、これは我々庶民のお金を盗んだのと実態は同じ。それを企画した安倍晋三は死罪、そういう事にはならないのだろうか。

仕事上やったことだから罪は問われない? とんでもない、盗人も盗みは盗人の仕事。たとえ仕事といえども反社会的行為にはしっかり責任を取らせる、これが現代社会ではないだろうか。だからヤクザ屋さんたち、訴追されているんだろうに。正しくない事はまさしく不正、だから安倍晋三のやったこと、不正と書いたのだが。

姑息役人達だって、おかしなことをして訴追を免れるなんて、そりゃ法律がおかしいだろう。こういうことをし続けるなら、ぜひとも自公政権を潰して、公務員でもその目的を外して行ったことは過去に遡ってその罪を問う、そのようにしなくては、こういう反社会的行動が役人や官僚たちからなくならない。

この事、死罪にしてもおかしくない、そう思うのは、マスコミが取り上げている損失額が、実は運用での損失の話に特定しているが、日銀と併せての投資金額が一部上場企業の10%になろうかというかなりの比率で、かなりの企業の筆頭株主になっているという現実、これについては語られていない。

日銀がどれだけ投資して株価を買い支えていこうが直接的に我々は関係ないし、日銀総裁の黒田氏が安倍晋三と共に刑務所に入ればいい。だがGPIFまで巻き込んで株価の上昇を図ったり見せかけの景気浮揚を図ることは許されない。

GPIFの運用損失には株式の売却による損失は計上されていない。運用損失には株の売却価格が計算されているように見えるが、これは見かけ上の計算であり、日銀、GPIFが株を購入して株価を上げたのとは反対に、発行株式に占める大きな比率で株が売却されれば、当然のことながら株価は下がる。

これがどこまで下がるかわからないが、株価を上げた時とは違って、それ以上の値下がりを生むだろう。つまり株運用比率を上げた時に、その分で購入した金額がそのまま元に戻ることはない。だから運用損を出さないというなら、株の配当で株の売却損失分と、購入時から売却時までの、他の運用であれば得られたはずの収入分を合わせた額を配当で得た後、初めてその運用が間違いでなかった、そう言えるのだが。

つまりGPIFは既にとんでもない金額の含み損を抱えていることになるのだが、それをカバーできるほどの経済的繁栄をどういう産業が、あるいはどういう国が見せるか、という雲をつかむような話しかない。

だが、GPIFは年金需要に対応しなければならない目的があり、いつまでも潤沢な資金運用ができるわけではない。つまり株の売却を迫られた時に、株価が低迷状態であれば、弱り目にたたり目、そういう事になるのだが、その時は今の運用責任者も影響力を行使している安倍晋三も知らぬ顔の半兵衛を決め込むのではないだろうか、あるいはもうこの世にはいないかもしれないが。

だが、こういう事をはっきりと示さずに勝手な事をしていいわけがない。日本人はどこまでそういう事に無関心なのか、いや馬鹿なのか、不思議でしょうがないが、衆愚などこういう世界で意味はない。
メッセージを送る