So-net無料ブログ作成

健さんの母校甲子園出場?! [所感]

今年も球児たちの夏、高校野球の夏がやってきた、そのように新聞の各地区の予選を見て、出場校の期待などしていたが、だんだん興が削がれていった。

まあ、毎年の事なのだが、全国私立高等学校甲子園野球大会と言い換えた方がいいような内容だからなのだが。

かつてはそれぞれの地区に戦前からの、勉学でも名門と言われるような強豪の公立高校もあった。だが、しかし、最近のように野球専門学校化したような私立高校には予選レベルで歯が立たなくなって、なかなか甲子園出場がならない。

私立高校が悪いというのではない。後述するが認める部分もある。しかし、例えば、横浜高校を率いていた監督、あるいは近年で言えば、毎年、選抜や選手権の優勝を争うような大阪の私立高校の監督を公立高校が引き抜けるかと言えば、否である。しかし、その逆は然りである。

かつて埼玉県の上尾高校と言えば、甲子園出場が珍しくない公立高校として埼玉県内では強豪校であった。しかし、その監督が浦和学院に招聘され、今や浦学は甲子園出場の常連(今年は決勝で敗退)。

長崎の清峰(今年、久しぶりの県予選決勝進出も敗退)という公立校を優勝させ全国的に知名度を上げさせた監督も招聘されて山梨学院の監督となり、今や、山梨県では甲子園出場が当然視される強豪校となっている。

もちろん、自前で監督が育って、甲子園出場常連になった私立校もあるだろう。
だが、古くはジャイアンツの原辰徳と親子鷹として有名になった東海大相模の監督のように甲子園優勝監督として招聘される、その例が前述のように相変わらず、続いての全国私立高校野球甲子園大会化したような大会を見ると、公立校の監督の悲哀を感じざるを得ない。

あっという間に記憶の彼方に行ってしまった佐賀北高の監督のように全国優勝して脚光を浴びるのは、今や稀有なのだが、それだけに選抜8強に私立高校二校が残った福岡の大会を勝ち上がった公立の東筑高校の甲子園出場は、各地区予選の強豪公立校の敗退を見てきた私には、一度萎えた今年の甲子園大会への興味が再度湧いた祝い事とも言える。

本当に個人の趣味でこのブログを書いているが、たいした学校でもないのにプライドばかりの地区進学高校に入学したばかりの突っ張っていた私には、同級生の「健さんの信奉者で、健さんは地区の英雄。高校(東筑)でも番長をしていた」という言葉が妙に頭に残っていて、東筑とはどういう学校だろうか、そう思っていたのだ。

当然の事ながら、どこかの私立のバカ学校だろう、そう思っていたのだが、なかなかどうして、福岡県内では有数の、そして硬派の県立高校だったのだが、その硬派の典型が高倉健、そういう事なのだ。東筑で番長を張るというのは、腕力が強いだけでは番を張れない。頭もよくなくてはいけないのだ。もちろん、あの健さんの人間性を見ている御仁には、東筑の番の意味もお分かりだろうと思う。

イチローとも関わりのあるプロ野球元阪急の監督をしていたちょい悪親父としても名を馳せた仰木彬氏(故人)もOBであり、まあ、OBなどを見ると、私立校なにするものぞ、そういう気概が伝わってくる学校のように思える。買い被りかもしれないが…。

私立校の悪口ばかりを書いたように思えるので、一言、付け足したいが、私の母校、たいした学校でもないのにプライドばかりで、ん十年前の私の在籍時と同様、未だに「今年の国公立大学への進学実績は百二十余名です」などと同窓会に来た校長が報告するのだが、部活動その他については、言及しない。東筑など三百数十名が国公立大に進学していたころもあったように思う。そういう学校を知れば、たかが進学実績ばかりを吹聴する校長など、まあ、低レベルの学校相応、そのようにしか見られないか。

同期の人物曰く、相変わらず官尊民卑。今時違うのではないか、という感想。したがって野球部の指導も指導教師の言うとおりにやっていればいい、そのレベルであり、校風としては、クラブ活動に身を入れず、勉強に専念しろ。とまあそういうところでしょうか。

つまり指導教師の指示に沿っての練習と試合という、この殻を抜け出せなければ、たまたま指導教師の役割について教師のレベルを超える実力はつかず、まあ、この数年は一回戦負けも多い。これで、甲子園には強豪校として出ていたころもあるというのだから、笑ってしまいますが。

ところが、ところがである、一方の私立高校はというと、今時、監督の指示に頼った試合をしていては、甲子園では勝てない、として、自分たちで考える野球、いや、教育の一環として考える場合、練習の時から自分たちでプランを立てる、そのように公立高校など及ばない実践をしている。

他地区から編入してまで甲子園出場を目指す私立校など応援する気もしないが、あれだ、これだ創意工夫を凝らして切磋琢磨して、甲子園に出てくる学校ならば公立、私立の隔てなく、地区の代表校として応援したい。

でも、健さん、あの世から母校出場を見守っているだろうか。

接待とうな重 [所感]

接待などと書いたが、実はそのような大げさな話ではなく、取引先と同道した時の昼食の話なのだが…。

皆さん、土用の丑の日、商売人の宣伝文句に乗せられて鰻を食べられたのだろうか。

物心がついてから“うな重”なるもの食した経験がないままに、社会人として安給料で働いていた私は、しかし、あまり金に執着したことがなく、いや、これは貧乏人の典型で金離れが良いというか、月末に、少しでも手元に残っていると、昼休みとか終業後に卓球の相手をしてくれた会社の先輩にいわゆるコース料理を驕るなど、とことん貧乏人の典型の生活をしていた。

だからと贅沢をしていたというわけではなく、分相応に慎ましく、だが、預貯金をするわけではなく、月末に金が残っていると、翌月の仕事へのチャージとしてショーレビューを同期入社の同僚と銀座に見に行って、その後、貧乏人には豪華なディナーに行ったり、そういう生活をしていた。

いや、寮生活をしていた関係で食が保証されていたことが大きかったのかもしれない。先輩の寮生など、寮の食事を当てにせずに結構近くのスナック等に通っていたりしたので、本当は安給料という事ではなかったかもしれない。そういうわけだから、仕事上でなければ自ら外食、そういう選択をすることも少なく、鰻を食する機会もないままに、2,3年は経っただろうか。

それがある時、本当にどういうわけだか、急に鰻を食べたくなって、わざわざ少しばかり距離のあるJRの駅前にあるうなぎ屋に一人で行った。別に贅沢をしよう、そういう気はなかったのだが、肝吸い付きの“上”を頼んだ。食べてから思ったのは、自身が良く覚えていないだけで、鰻は食べたことがある、そういう事だったが、せっかくの肝吸い、汁だけ飲んで肝をそのまま残してしまった事が後で、やっぱり誰かに連れてきてもらうんだった、そういう後悔につながった事である。

 という事で、その後、取引先との同道などを含めて、鰻を食する機会も増え、普通に食べていたのが、体質が変わったというか、鰻の油を受け付けなくなり、鰻を食べると下痢をするようになってしまった。いや、常にではないが、そういう傾向が強くなった、という事。

さて、取引先と同道という事だが、正確に言うと、私が勤務している会社が発注した部品や装置の技術的打ち合わせ、あるいは納入についての査察が主であり、相手は設計部門の人物が帯同することもあるが、営業担当者が同行するのである。

、もちろん、そういう事が常ではなく一人での行動も多いのだが、取引先の営業マンが同行する場合など、手っ取り早い昼食というのが、うな重なのだ。うな重はたいていの人にとって昼食でなくとも御馳走の部類に入るのだろう。夜は夜でもっと豪華な接待ディナーなど考える営業さんもいるので、たかがうな重、そういう風に見る向きもあるかもしれない。

 だが、自身の体調で、そういう接待の食事を断り続けていた時に、数社の営業さんから言われた事がある。「お客さんをだしにして申し訳ありませんが、実は自分達が食べたいので、受けてくれませんか」と。もっともそういう言い方をしてこちらが気兼ねなく接待を受けられるようにするというものもあったかもしれない。

 しかし、こちらとしては、意地汚くは育てられていないので、接待のような相手持ちの食事をしても、おいしいものの味が半減したり、食べた気にならない、そういう事の方が多かった。自腹であれば、好きなものを選べるのに、昼食も含めて相手の接待になるとだいたい事前に設定されているために、こちらに選択肢がなく、昼食としては、私の方はかつ丼の方がボリュームがあってお新香なども食べられる、そういう庶民派なのだが、うな重さえあてがえば御馳走、そう思ってくれるという営業マンが主流の時代、そういう時代に私はサラリーマンをしていたのかもしれない。

もちろん今とは違って、回らない寿司屋も接待の場所としては多かったが、本当に食った気がしなかった。

 他人の金で飲食するのが好きな人間ばかりではない事、もう少し世間が知れば、おかしな人物が行政の上に立つ事もないのではないだろうか。私の父親は相当の上流階級の出身者だったが、貧乏しても金には潔癖であり、仕事上でも私心を持つような人物ではなかったのだが、私が同じような道を歩いて初めて、そういう人物が世間には少なく、したがって、かえって誤解を受けやすい、そういう事が分かったのだが、おごられ過ぎても金銭感覚がマヒするのと同様、権力の座に長くついていると、自分中心で行政が回るのが当たり前のようになり、常識が分からなくなるのかもしれない。誰の事かって? 皆さんご存知の人物とその周囲の取り巻きの事しか思い浮かばないでしょ。

くそ役人 [所感]

くそ役人、などと書くと“そういう下品な言葉を使うから訪問者が増えないし共感を得られないんだ”と、内容いかんに関わらず、批判を浴びるかもしれないし、特に自民党の国会議員や閣僚のような知能レベルの人たちには相容れないだろうと思うが、まあ、本質を見失う役人や政治家辺りにはわからない話である。

たぶん、このブログを訪問される方の中にも役人あるいはかつてそうだったという方もいるかもしれない。たぶん、そういう方はここで書く対象とは外れているだろう、そう思う。何故ならば、くそ役人と言われる連中ならばこのブログを見に来るほど常識人ではないし、出世もしているから、そんな暇はない、そういう事だろうか。いやいや、出世していない御仁が悪いのではなく、日本の行政では国民を向いていない方が出世するという、たぶん国語の能力で言えば、相当に低レベルの人たちが官僚としては出世する、それが日本の行政社会、そういう事だろうか。

さて、森友学園や加計学園の問題で、自民党の国会議員や閣僚、そして政府の役人という連中の国会答弁、多くの人は見苦しい、そのように見たのではないだろうか。

不思議な事にくそ役人たちは、ある事について、黒、そのように首相あるいはその周辺で決まったら、それが国民の利益に反する事でも、いや、明確に法に触れることでさえも皆で、黒を通そうとする。

私の裁判で、本人たちが“地方公務員”としていわゆるその身分を隠す警官たちを含めて、訴追に回った人物たちや彼らの説得に応じた民間人たちを含めて、それこそ、四面楚歌というくらいに、私を罪に落とそうと、皆が同じ方向で証言や職務を遂行していた、その事を森友学園や加計学園問題でのくそ役人たちの答弁を見て思い出したのだが。

以前、このブログでも“李下に冠を正さず”という中国の諺を書いた、その諺を安倍晋三が持ち出して、自身について、今回の問題で国民から疑惑をもたれるのは当然、そういう事で丁寧に説明していきたいかのような話をしていたように思うが、だいたい、この諺の真意で言えば、安倍晋三の首相在任中は、加計学園の問題が、首相の主導する国家戦略特区対象になること自体がアウトになるのに、安倍晋三の神経はどういうものなのだろうか。

「“ずぶずぶの関係”などというような下品な言葉を使うべきではない、そういう事だから民進党の支持率が上がらない」などと、質問の内容には答えずに、質問者が使った言葉を引用して、その批判を、上から目線で偉そうに、支持率の問題まで引っ張り出して口封じに近い答弁をした、そういう人物を国民への奉仕者たる役人が勝手に忖度して国民の利益を損なうあるいは一部の利益を図る、こういう事が許されていいのだろうか、そういう事が問われているのに、一様に黒を守り続けるくそ役人とは、いったいどういうものだろうか、それこそ、マスコミ各社は、このくそ役人たちの生い立ちや過去の言動を新聞記事で扱う犯罪者たち並に報道してはどうか?

 頭が悪く、論理的に訴追できなかったくせに権力で人を罪に落としたくそ役人たちの体質を見ると、この連中では本当の行政などできない、このように思うわけですが、“記憶にない”などと平気で言うくそ役人など、大事な事に関しての記憶力さえ持てないのだから、“余人をもって代えがたい能力を持つ人物”として税金で雇う必要があるのだろうか。即刻罷免するのが筋ではないだろうか。

現実の恐さ [政治]

安倍晋三の強引な手法で成立した“テロ等組織犯罪準備罪”(未だにどれが正式名称なのか私にはわかりませんが、まあ、わかったからと安倍の本音を読んでいるので意味はない)について、野党や有識者あるいは高齢者からは戦前の治安維持法を思い起こさせる法律で、国民を縛りに掛けるものだ、という批判がある。

 そういう事に安倍晋三が何故、真摯に向き合わないのか、不思議でならないというよりは、安倍の頭の中は岸信介という旧戦犯の事でいっぱいなのだろうから、国民の疑問の声など聞く耳を持たない、そういう事でしかないのだが、国際的な組織犯罪防止のための情報入手には欠かせない法律だとか、そういう事など言い訳ばかりが出ている。

 さて、この法案、既に成立してしまったが、では実行部隊についてどれだけ信頼がおけるのか、皆さんは、その点まで含めて考えられただろうか。

 もちろん、私は法案自体のいい加減さから、しっかり目的に沿った法案あるいは既存の法律の運用で目的を達せられれば、それに越したことはない、そういう立場である。国民主権であるのに、その国民への縛りを入れる法律ばかりを成立させてきた安倍晋三など国民の代表などと思えるはずもない。

 で、実行部隊についてだが、皆さん、少し前の、中東の武装組織の一員とかあるいは銀座の宝石店を荒らしまわった欧州の窃盗団の話、覚えていられるだろうか。

 いずれも日本に入国していたり、いや働いていたとか、そういうのもあったりなので、決して国外の話というわけではない、それらの犯罪者は、日本の入出国審査は簡単にすり抜けていたし、日本の刑事、公安警察の両方とも機能していなかった。

 世間で言われているような、日本の警察は優秀だとか、そういう事はなく、決して、日本の警察が優秀だから日本の治安がいいとか、そういうのも実態を反映していない、そういう事なのだ。

 日本の治安がいいというならば、それは国民の大多数が、混乱よりは秩序を選ぶとか、そういう事で成り立つ治安であり、警察の捜査能力が高いからではない、そういう事さえわからずに、捜査機関に強力な武器ばかり与えて、勇み足を免罪化させることにしか安倍はこのところやっていないのである。

 優秀なはずの日本の警察が捕まえられていない犯罪者たちはフランスとかドイツで逮捕されて、その足取りから日本にもそれも数か月の滞在をしていたとか、そういう事が分かって、日本の警察の無能さが露呈するのだが、安倍はこういう事分かっているのだろうか、そう思う。

 つまり安倍は、そういう実態よりも、戦前の体制に戻して、岸信介が偉かった、そういう名を取りたい、それだけの人物なのだ。だから世間や国民とかそういう事以前に、お友達が、自身の中では優先するそういう人物であり、決してまともな政治家とは言えないのだが、まあ、安倍云々よりも成立してしまった悪法、これを廃止するか、あるいはこれに縛りを入れることを我々は考えなければならないのだと思う。

 でなければ、私のように、関係した中では、一番人命を尊重し、まじめに対応した人物が、訳の分からない裁判官、検察官、警察官そして自称目撃者なるおかしな連中によって罪に落とされる、こういう事が多発することになる。

 今だって科学的にあり得ない事を根拠に有罪にされたり、あるいは訴追される人物がゴマンといる実態を知れば、あのような法律成立させることは自殺行為だとわかる筈なのだが、それがわからないとなれば、日本人、本当におバカさんなんだねえ。

メッセージを送る